まぶたイボの達人

目の周りやまぶたイボを毛抜きやピンセットで自分で取るのは悪化するので注意?

 

 

目の周りやまぶたイボが首や顔に発症すると誰もが考えるのが自分で切って除去する方法です。

 

  • ハサミを使う
  • 爪きりを使う
  • ピンセットで取る
  • 消しゴムをでごしごしする

 

これらの方法をついつい試したくなるものです。実際に病院での手術でハサミで切り除く方法もあります。しかし、自分で行うのは絶対に行わないようにしましょう。

 

確かに切ったうりすることによって、一時的に目の周りやまぶたイボを除去することは可能です。

 

しかし、悪化をしてしまい数が増えてしまうだけでなく、傷跡が残ったりする可能性もあります。それどころた綺麗に取り除く為には深く切らなければ意味がないので、皮膚を傷つけてしまうことにもなりかねないです

 

ここでは自分で毛抜きやピンセットを使って取ると悪化する原因と安全な自分で取る方法について解説していきます。自分でイボを取りたいって人はこのままご覧ください。

 

目の周りやまぶたイボの原因から分かる切る危険性

 

目の周りやまぶたイボは古くなった皮膚である角質が固まってできたものです。

 

紫外線ダメージや老化などによって皮膚の肌力が衰えます。そのため、肌機能である古くなった皮膚の細胞をはがし、新しい皮膚細胞を作りだす力が衰えてしまうことになります。

 

結果的に古くなった皮膚は剥がれずに皮膚に付着したままとなってしまい、それが目の周りやまぶたイボの原因となってしまうのですね。

 

ハサミやピンセットを使うことで確かに一時的には切り取ることができます。しかし、切りすぎては傷跡や痛みが残るだけでなく、肌へダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

 

そのため、再発をして数がどんどん増えることにもつながります。もちろん、何のケアをしなくてもすでに目の周りやまぶたイボが顔や首にあるのなら数が増えてしまう可能性は非常に高いです。

 

逆に切る範囲がせまければ中途半端にイボが残ってしまい、結局は見た目的にも気持ち悪い状態となってしまいます。

 

イボを切りたいのであれば病院で意志に行って貰い、化粧品でケアをするようにしましょう。自宅で除去をしたいのであれば、別の方法を試すようにしましょう。

 

除去したいのなら肌ケアを行い肌機能を高める

 

肌にはもともと古い角質を外に排出する働きであるターンオーバーがあります。

 

そのため、目の周りやまぶたイボを除去したいのであれば、肌力を高めることが有効な方法となります。結局、肌トラブルに大事なのは基本である肌力を高めるスキンケアなのですね。

 

目の周りやまぶたイボ用にヨクイニンと呼ばれるハトムギより抽出された成分が配合された化粧品などを使うようにしましょう。

 

ヨクイニンは保水力が高く角質をやわらかくする働きがあります。そのため、古くより漢方薬などに配合をして治療薬として用いられている成分です。

 

目の周りやまぶたイボ用のクリームとして効果があったと評判のクリームを見れば、ほとんど配合がされている成分です。市販薬であるイボコロリ内服薬の成分の多くがヨクイニンとなっているほどです。

 

自宅で除去するなら化粧品を使ったケア

 

自宅で目の周りやまぶたイボを除去したいって人におすすめの方法としては化粧品を使ったケアです。

 

市販薬だと錠剤となっているのでからだ全体に複数のイボがあるのであればおすすめではあります。しかし、人気の薬の価格が6000円程度したりと、少し高いと感じる部分もあるはずです。

 

人気の目の周りやまぶたイボ用の化粧品で効果があったと評判ので2000円から3000円程度で販売されているものも多いです。また、首や顔などイボのある部分の肌に塗ってケアをすることができます。

 

そのため、自宅で目の周りやまぶたイボを除去したいって人であれば、化粧品を使ったケアがおすすめとなります。また、その他の方法としては病院で医者に手術をして貰う方法がおすすめとなります。

 

人気の化粧品や目の周りやまぶたイボの取り方については下記で解説しています。
目の周りやまぶたのイボを自分で取る方法